オジ旅。飯旅。ちょっとは観光

約2か月で東南アジアを巡ることにしたおっさんの旅日記
美味しいご飯とビールに赴くままかもしれませんが、よろしくお願いします。

バンビエンでチュービングをしてみた

連続投稿の熊正です。


本当はもう少し激しいアクティビティをしようかと思っていたんですが。


なんせ、このチュービング。

ガイドブックには載っているんですが、やりましたーって人を聞かないんです。


ので、やってみました。


自分のゲストハウスから歩いて1分のとこにチュービング屋さんがあります。



こんな感じで、横にタイヤみたいな浮き輪があるんで分かりやすかったです。


簡単に説明します。


ここから約4キロほど離れた地点までヤンテオで移動。


あとは、川の流れに身をまかせるだけです。


なので、自分は必要以上のものは持っていません。


携帯電話に現金やれだけ。


すでに長袖のラッシュガードと水着着て万全です。



料金システムはこの画像通りです。


料金は55,000Kp

デポジットが60,000Kp

を支払います。


後、誓約書みたいなものに名前やホテル名を記入して終了。


ただし、4人集まっての金額なので。


集まらない限り出発しません。


もし、急ぎで行きたい人は料金表の下に追加料金を払えばいいようです。



さて、10:15。

さっき行ったばかりで、待ち人ZEROです。


日曜日なのになぁ。


でも、ブルーラグーンに行くのかな???


待つ事、45分。2人連れの女子。

あと1人、、、


自分がトイレに行ってる間に、、、


いつの間に合計9人のグループに。


さて、約一時間待って出発です。



ソンテオギュウギュウです。





約15分後に目的地到着。



で、連れてきたドライバーは指差しで行けって合図。


説明ないんですね(笑)


はいはい、行きますか。




よいしょっと。


さて流されますかー



女の子が声かけてくれたけど、手を振りくらいしか出来ず。


しかし、ちょっと行ったら陸に上げれのコール???


川沿いにはいくつかのバーやレストランがあるんですが。


ここは多分。

このチュービングの会社がやっているバーなんでしょう。


お金を落としてもらおうって魂胆でしょうね。



自分も、とりあえず、、、



ここで、20分ほどゆっくりして自分は1人流されていきます。


待ってる必要ないですからね(笑)



きれいな景色が広がります。


水は濁ってるというより粘土の匂いがしますね。


だから、ちょっと緑っぽいのかもしれません。




おみ足ポーンって。



御満悦です、、、



竹の橋かな???



くぐったとこであと2キロらしい。



実は半分寝ちゃってました。


だって、気持ち良過ぎてなんですもん。


チュービング=川下りは約2時間ちょっとで終了。


ただし、ゴール地点。

1番流れがきつくてなかなか岸に行けず。

ちょっと大変でしたがなんとか行けます。




とにかく、ゆっくり時間を過ごしたりして川の流れにひた進む。


これはちょっとないアクティビティかと思いました。


あとは、思ったよりも濡れないので。

最後くらいかな、、、


なので、サングラスや帽子も大丈夫です。


自分も日差しが眩しくて、欲しかったくらいです。


こうして、ゆったりチュービングを楽しみました。


岸に上がり、チューブ持って3分くらい。


元の場所に返したらデポジットが返ってきます。


さーて。お腹空いたので、いつもの屋台が並んでる場所へ。


と行っても、チュービング屋さんの真向かいなんで。


完全に自分の顔を覚えたらしく。


声はかかるは手を引かれてうちで食べなさいみたいな事言ってるのかな?


まずはいつものお店でマンゴーシェイクを頼んで。


昨日、約束していたおばちゃんのお店でハンバーガーを注文。



チーズバーガー。

25,000Kp。このボリューム。サンドイッチと同じでした。


もう、バンビエンのランチはここに決定です。


という事で、多少の右手首の違和感がありながらのアクティビティでした。


是非、まったり楽しみたい方にはオススメです。


という事で、日焼けが気になる熊正でした。